次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

クレアギニンEX

腎臓機能を改善し、クレアニチン値を下げると言われているのが、ノコギリヤシを含むサプリメント。

クレアギニンEXにたくさん含まれるノコギリヤシですが、ペポカボチャなどと一緒にどんな働きをするのか、調べてみました。

腎臓に効果的な成分がたっぷり、そしてお得!

クレアギニンEXクレアギニンEXには、腎臓機能の改善に効果的と言われるノコギリヤシが200mg、同様に腎臓に働きかけるペポカボチャとあわせて計400mgと、かなり豊富に配合されています。

ノコギリヤシは、男性の尿トラブルを引き起こす前立腺肥大の原因といわれる、酵素5-リダクターゼを抑制し、検査の際のクレアチニン値も下げる働きをします。

また、男性だけでなく、女性の尿トラブルを改善する成分として、ペポカボチャも配合されているのが嬉しい点。

ペポカボチャはノコギリヤシと同じく、前立腺肥大への作用を持つほか、女性に多い膀胱過敏や尿道への圧迫などを防ぐ効果もあり、ダブルで腎機能を高めることができます。

ノコギリヤシやペポカボチャにとどまらず、そのほかにも、とにかく腎臓に良い成分がたっぷりと加えられているのが、クレアギニンEXのさらなる魅力。

腎臓病の民間療法として知られるスイカの有効成分L-シトルリンには、利尿作用を高め、腎臓への負担を軽減する効果があります。

また、優れた利尿作用を持つγ-トコフェロールをはじめ、内臓のそのものの機能を高める冬虫夏草、高麗人参などの和漢成分を29種類も配合!

GMP認証を取得した国内工場で製造しているため、サプリメント自体の品質や安全性が高いことや、定期で続けやすいお得な価格設定であることも、評価できるポイントです。

容量と価格

  • 1粒あたりのノコギリヤシ含有量:200mg
  • 1ヵ月分:定価6900円(税別)/初回1980円(税別)/定期4980円(税別)

みなさんの口コミ

「これまでは、ただノコギリヤシだけのものを服用していたんですが、効果がイマイチでした。ところが、ペポカボチャがプラスされているこの商品を試したところ、効きめが全然違いました。ずっと良くなり、ほかの人にもお勧めしています」

「就寝中に何回もトイレに起きてしまう母のために購入しました。近所の薬局でもノコギリヤシサプリメントは販売されていますが、クレアギニンEXは口コミ評価が高かったので選びました。母も以前買ってあげたものに比べて、こちらのほうが調子いいと言っています」

「妻からの勧めで飲むようになりました。深夜に何回も目が覚めてしまうためです。クレアギニンEXを摂るようになってからは、少しずつトイレの回数も減ってきています。中高年にとってはお守りみたいなもので、これを服用しているというだけでも安心感があります。これからも飲み続けたいと思います」

「今まであまり健康に気を遣ってはいませんでしたが、健康診断の数値を見て愕然としました。今はお酒も飲んでいませんし、食生活にも気をつけて、このサプリを毎日欠かさずに飲んでいます。そのお陰か、今年の健康診断では数値も正常だと言われました。」

「夜、何度もトイレに行くために目が覚めてしまって、全く体の疲れが取れない毎日でした。仕事にも集中できなくなったので、これはまずいとクレアギニンEXを購入しました。このサプリは価格も手頃で続けやすいですし、飲み始めてから徐々に夜中のトイレも減ってきました。」

「外出中は特に不安で、パッドをつけて外出していました。クレアギニンEXは正直半信半疑だったのですが、もうパッドをつけていなくても洩れの心配をしなくても良いというのが嬉しいですね。動くことに不安がなくなったので、前より活動的な毎日を送れていると思います。」

クレアギニンEXの返金保証

クレアギニンEXは初回購入が大変お得ですが、その上さらに返金保証がついているので、もし「クレアギニンEXが体質に合わなかった…」ということが起きても安心です。 返金保証は商品が手元に到着してから10日間有効で、もちろん商品を開封してしまった後でも大丈夫です。

何日間か試してみて、合わないと感じたら購入代金1回分を返金してもらえるので、リスクゼロで購入することができます。 初めて飲むサプリは、体質に合うか、飲みやすいか、効果があるか…と様々な不安な点があるものです。ですが、商品代金の返金保証がついていれば、安心して気軽に試せますね。

クレアギニンEXの配合内容

クレアギニンEXに配合されている腎臓に効果的な成分は、ノコギリヤシだけではありません。アンモニアの排出を促進させるL-シトルリンやナトリウムバランスを整えるトコフェロール、その他全部で29種類の成分が贅沢に配合されています。

γトコフェロール

γトコフェロールは体内のナトリウムの排出を促進して、体内のナトリウムバランスを整える働きがあります。

Y−Toc製剤投与群(5名)では,投与後6時間までのNa排泄量およびNu排泄率がプラセボ群に比べて有意に高値であった.

出典:1.γ-トコフェロールのNa利尿作用(脂溶性ビタミン総合研究委員会 第304回会議研究発表要旨) 福井・大矢・大谷・吉川・玉井・宗 日本ビタミン学会 2004
https://www.jstage.jst.go.jp/article/vso/78/10/78_KJ00003332817/_pdf

まだこの成分に対する研究は動物実験段階で、人での検証例は少ないそうですが、5名に対して行った実験でナトリウム排出量が増えていたのであれば、γトコフェロールには高い確率でクレアチニン値を下げる効果が期待できるのでしょう。塩分量の多い食事をする機会が多いという方には心強い成分です。

Lシトルリン

Lシトルリンは体内でアルギニンに変換され、アンモニアなどの有害物質を体外に排出する役割を担っています。

L-Citは,L-Argやオルニチンなどとともに,この尿素回路を円滑に機能させる.LCitが不足すると,アンモニアが体内に蓄積しさまざまな障害が出る.

出典:生化学「動脈硬化症とアルギニン, シトルリン」林 登志雄 2014
http://www.jbsoc.or.jp/seika/wp-content/uploads/2015/01/86-03-08.pdf

腎臓を活性化させるためには、正常に尿を排出させる必要がありますから、尿素回路を円滑にしてくれるLシトルリンはクレアチニン改善に欠かせません。「クレアチニンを下げるためにはアルギニンが大切」と言われますが、Lシトルリンも同じくらい大切な成分です。

冬虫夏草

冬虫夏草から抽出したエキスは、血中尿素窒素とクレアチニンの両方を低下させてくれます。冬虫夏草には、腎臓を強化する効果と解毒作用のあるβ‐グルカンが含まれているとされるため、腎機能が弱っている方には最適です。さらに亜鉛も含まれており、慢性腎不全の方は亜鉛不足になる可能性もあるため、腎臓機能低下による栄養不足の解消にも繋がることが期待されます。

しじみエキス

しじみにはL-オルニチンという成分が多く含まれており、L-オルニチンはアンモニアを無害な尿素に変えることをサポートしてくれると言われています。

Lーオルニチンは有害なアンモニアを無毒な尿素に変換する尿素サイクルの代謝中間体であり,摂取吸収されたオルニチンは肝臓での尿素の生成に関与する

出典:オルニチン 浅桐 公男 日本外科代謝栄養学会 2016
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssmn/50/2/50_185/_pdf

有害なものを無害なものに変えてくれるL-オルニチンは、体の中で浄化機能をサポートしてくれます。オルニチンがアンモニアの変換をサポートしてくれることで、腎臓への負担が軽くなるのですね。

イソサミジン

イソサミジンの効果は、前立腺や膀胱の筋肉を緩めるというものです。利尿作用があるため、残尿感が残りやすい方、頻尿の方の改善効果が期待できるでしょう。腎臓機能が低下すると、塩分や水分を尿として排出しにくくなります。イソサミジンは尿を排出することを促進させる成分なので、弱った腎機能をサポートしてくれます。

高麗人参

高麗人参とクレアチニンの関係について研究した結果報告によると、高麗人参から作ったサプリを服用してもらったところ、明らかなクレアチニンの低下がみられたそうです

 

参考: 金氏高麗人参㈱研究開発室「高麗人参組成物の安全性および効果確認試験」
http://www.kouraininjin.net/clinical/test_01_4.html

 

また、ステロイドと併用することで腎臓への効果が向上し、ステロイドによる副作用も予防することができるそうです。

スピルリナ

スピルリナにはデトックス効果があるとされており、腎臓機能を低下させるシスプラチンやP-アミノフェノールなどの排出を促進させ、腎機能の障害を予防してくれると言われています。また、血清尿素窒素とクレアチニンが上昇することを阻害する働きもあり、これらはスピルリナにのみ含まれているフィコシアニンによる効果だとされています。

にんにく

にんにくにはビタミンB1が多く含まれており、ビタミンB1は腎機能を維持するために必要な成分です。ビタミンB1は水溶性のビタミンなので、一時的に大量に摂取しても尿に溶けだして排出されてしまいます。そのため、毎日継続的に摂取することが大切となるビタミンです。

プラセンタ

プラセンタには「肝細胞増殖因子」が含まれており、肝臓病の治療方法のひとつとして、病院でも利用されています。ところが、肝細胞増殖因子は肝臓だけでなく腎臓の機能も向上させ、腎臓病改善にも効果があることがマウスによる実験結果として報告されました。腎臓を含む様々な臓器の再生と保護の役割を担っていると言われています。

マカ

マカは様々な栄養素を含んでいますが、その中に鉄分があり、鉄分は腎臓機能障害から起こる症状を軽減します。

含まれている鉄分は,危険な貧血を防ぎ,リューマチ・神経痛・壊血病・甲状腺腫・気管支疾患や,肝臓・腎臓・卵巣の機能障害がもたらす病症を軽減するとその著書で述べています。

出典:ペルーアンデス地方の農作物とその栄養価 アリトミ ロサ F.デ 一般社団法人日本調理科学会 2013
https://www.jstage.jst.go.jp/article/cookeryscience1995/31/3/31_251/_pdf

鉄分は貧血というイメージがありますが、その他にもこんなにたくさんの効果があると、ご存知の方は少ないのではないでしょうか。更にマカにはヘモグロビンの増強効果もあるため、鉄分との相乗効果で、腎性貧血の方に高い効果をもたらすでしょう。

アスタキサンチン

アスタキサンチンは抗酸化物質として有名ですが、腎クリアランス値を改善してクレアチニン値を下げるということが研究の結果として報告されています。この研究はクレアチンを増加させるサプリメントに対して行われたものですが、クレアチンを増加させているにもかかわらずクレアチニン値を低下させるということは、腎機能を向上させる働きがかなり高いということなのではないでしょうか。

生姜

体が冷えていると腎機能は低下すると言われているため、体を温める生姜を摂ることで、弱った腎臓を回復させ、クレアチニン値を低下させる効果が期待できます。また、生姜には殺菌効果もあるため、腎臓内に細菌やウイルスを侵入させないための食べ物でもあります。腎臓病の食事療法では塩分の摂取を控えなければならないため、食事に生姜を使うことで、味に変化を持たせることもできるでしょう。

ヒハツ

ヒハツは冷え性を改善させる効果が高いことで有名で、生姜と同様、体を温めることで腎機能の低下を予防します。さらに、冷えの解消に加えて毛細血管が少なくなることも予防します。老化によって毛細血管が少なくなると、体中に栄養素を運ぶことができなくなり、腎臓の機能も低下します。体内にあるTie2という物質を活性化させることで、毛細血管は安定するのですが、ヒハツにはTie2を活性化させる働きがあると言われているのです。

カプサイシン

カプサイシンとクレアチニンの関係については、カプサイシン配合のサプリを服用したところ、クレアチンが減少したという経験をした方もいるようです。その反面、高い濃度のカプサイシンを長期的に摂取すると、腎臓機能が低下するという研究報告もあります。どんな栄養素にしても大量に摂ることは好ましくないため、適度な量を摂取することで、クレアチニンの減少効果も期待できるでしょう。

がごめ昆布

がごめ昆布にはぬるぬる成分であるフコイダンが含まれており、フコイダンを摂取することでクレアチニンクリアランスが低下するという報告がなされています。また、血清尿酸値や尿中尿酸排出率も高め、尿を酸性からアルカリ性に変えるため、全般的に見て腎臓を改善すると考えられます。

植物発酵エキス

腎機能が低下すると体内のナトリウム量が多くなり、むくみや高血圧が現れることがあります。その解決策として植物発酵エキスの利尿作用が効果的です。植物発酵エキスにはデトックス作用があり、体内の要らない物質の排出を促進してくれる効果があると言われています。

パイナップルエキス

パイナップルには利尿作用があり、植物発酵エキスと同様の効果が期待できます。さらに、ビタミンCやたんぱく質を分解してくれるブロメラインという成分が含まれ、抗炎症効果、消化促進、腎臓結石の予防を行います。ビタミンCは腎臓結石の原因だと言われていましたが、最近の報告によると、むしろ予防効果があると言われています。

ウコン

ウコンに含まれるクルクミンという成分は、2000年のイギリスの薬学雑誌によって腎臓疾患の改善と予防に効果があると報告されました。クルクミンを摂取することで、フィブロネクチンやグルコサミノグリカンなどの糖タンパクを抑制することでクレアチニンを低下させます。

サラシア

血糖値が高い状態が続くと腎臓の機能が衰え、糖尿病性腎症になるリスクがあります。サラシアには食後の血糖値の上昇を抑える効果が認められているため、腎機能を保護して機能を低下させないための働きが期待できます。

サラシアエキス(サラシノール0.5mg)を含む牛丼の具を被験食とし、摂取後血糖値およびインスリン値を検証したところ、食後血糖値上昇抑制効果およびインスリン分泌低減効果を認めた。

出典:サラシア属植物エキス配合牛丼の具による食後血糖上昇抑制効果の検証 梶原・小野寺・辻・米井 Glycative Stress Research 2017
http://www.toukastress.jp/webj/article/2017/GS17-12J.pdf

血糖値とインスリンの分泌が低下するのですから、腎臓を守るためだけではなく、糖尿病の食事療法にも取り入れられそうです。

ギムネマ

ギムネマもサラシア同様、血糖値の上昇を抑える働きがあります。糖分の吸収を抑える効果があるため、食後の血糖値上昇を予防することができ、腎機能の低下を阻止します。

黒米

黒米には抗酸化成分であるアントシアニンが豊富に含まれています。その抗酸化作用により、腎臓組織内の脂質の酸化を抑えて、抗酸化力を向上させる効果があると報告されています。腎臓の細胞を若々しく保ち、機能の低下を阻止することでクレアチニン値を上げないようにします。

黒豆

黒豆には高い抗酸化力が備わっており、老化による腎機能の低下を予防してくれるでしょう。また、東洋医学では、「黒い色の食べ物」が腎機能を高めるために効果的だと言われています。「形が似ているものを食べると機能を高める」とも言われるので、腎臓に似ている黒豆は、腎機能を高めると考えられています。

黒ゴマ

黒ゴマにはセサミン、アントシアニン、セレンなどの抗酸化成分が豊富に含まれており、腎機能の低下を予防する役割を担います。その中でも腎臓病の血液透析治療を受けている方は血中セレン濃度が低いと言われています。

血液透析(以下HD)患者の低栄養が問題となって久しい。その中でも,HD患者は血清セレン濃度が低いという報告がある。血清セレン濃度が低いことが心血管系合併症の要因であること,死亡率,とくに感染症死亡のリスク要因になることが報告されている。

出典:血液透析患者における血清セレン濃度とセレン摂取量 武政・市川 特定非営利活動法人 日本栄養改善学会 2012
https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi/70/6/70_325/_pdf

感染症や合併症のリスクが上がるというのは、腎機能の低下以上に怖いものがあります。腎臓病治療中の方は特に積極的に摂取してください。

黒松の実

黒松の実も黒豆同様、東洋医学で腎臓に効果的と言われている「黒い食べ物」の中のひとつです。効果としては冷えの予防をするため、冷えによる腎機能の低下を防ぎます。亜鉛が多く含まれ、貧血の改善にも効果を発揮するので、腎性貧血の方にも最適です。

黒酢

黒酢にはナトリウムとカリウムのバランスを取るという大事な働きがあります。腎機能の低下により、血中に増加したナトリウムとカリウムの量を調整してくれるため、腎臓にかかる負担を軽減し、クレアチニンの改善をサポートします。

オリーブオイル

オリーブオイルには血中コレステロール値を下げるオレイン酸の他に、一価不飽和脂肪酸が多く含まれています。腎機能は動脈硬化によって低下しますが、一価不飽和脂肪酸は動脈硬化の原因となる脂質異常症を予防し、腎機能を保護することでクレアチニンの上昇を防ぎます。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト