次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » クレアチニンを下げるサプリメント特集

クレアチニンを下げるサプリメント特集

クレアチニンを下げる効果のある「ノコギリヤシ」と「ペポカボチャ」を含むサプリメントを徹底紹介!

腎臓に良いサプリメントが大集合!

男性の尿トラブルは、その多くが前立腺肥大を原因とすると言われています。

簡単にその過程を説明すると、膀胱の下に位置している前立腺が肥大化することで尿道を圧迫、まず排尿に障害が現われるようになります。

その後、しだいに老廃物のろ過機能に悪い影響を与えるようになり、腎臓の機能が低下してしまうことに…。

この前立腺肥大の要因とされるのが、「5-リダクターゼ」という酵素です。

腎臓に良い作用をもたらし、クレアチニン値を下げると言われるノコギリヤシには、この5-リダクターゼを抑制する作用があることがわかっています。

このように、前立腺の炎症を抑える働きもあるノコギリヤシには、今、腎機能の回復効果に対して大きな期待が寄せられています。

いっぽう、女性の尿トラブルを改善する成分としてはペポカボチャが有名。

ペポカボチャは、ノコギリヤシと同じく前立腺肥大を改善する作用を持っていますが、女性に多い膀胱過敏や尿道への圧迫などを防ぐのにも有効と言われています。

当サイトでは、このノコギリヤシともうひとつ、このペポカボチャに特に注目!!

このほかの腎臓に良い成分も含め、さまざまなサプリメントの情報を集積し、掲載しています。

クレアチニン改善サプリで嬉しい成分

クレアチニンをサプリで改善しようと思うとき、どのような成分が有効に働くのでしょうか。クレアチニンを低下させる効果のある成分について、その参考文献とともにご紹介します。

L-オルニチン・L-シトルリン

これらの成分には、尿素サイクルをスムーズにさせる働きがあります。尿素サイクルとは、体の中で有害な毒素を出すアンモニアを、無害な尿素へと変換させて、尿として排出するサイクルのこと。L-オルニチンはそのサイクルの中間地点にいる物質です。

尿素サイクルは、L‐シトルリン→アルギノコハク酸→L‐アルギニン→L‐オルニチンという順番で、次はまたL‐シトルリンに戻って一周します。

このサイクルの中の成分が抜けてしまうと、尿素サイクルは上手くいかず、体内に尿素が溜まってしまいます。 尿素サイクルとL-オルニチンの詳しい説明については、こちらに掲載されていますので参考にして下さい。

参考:日本外科代謝栄養学会「オルニチン」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jssmn/50/2/50_185/_pdf

アンモニアが尿素に変換されないと、腎臓に負担がかかってしまうのでクレアチニンの数値も高くなりがちです。腎機能を高めるのに大切なことは、腎臓の負担をなるべく少なくするため、尿素サイクルをスムーズにすることです。 L-オルニチンは特にしじみに多く含まれることで有名な成分です。

リグナン

リグナンはぺパカボチャの種の中の油脂に含まれている成分の総称で、頻尿や残尿感、尿切れなどの症状を改善する働きがあります。 セサミン、セサモリン、セサミノールトリグルコシドという成分の総称であるリグナン。セサミンという成分は健康成分として有名ですが、ご存知の通り、ゴマの中にもリグナンは含まれています。

リグナンが頻尿や残尿感に効果がある理由は2つあります。

①トランスアミナーゼ活性

トランスアミナーゼは腎細胞を含む、全身の細胞を活性化させる酵素。セサミンの効果により、トランスアミナーゼを活性化させる。

②過酸化脂質の生成抑制

腎臓では過酸化脂質の量が多く、過酸化脂質の値が高くなると、腎臓に排泄物が溜まってしまい、腎機能の低下や活性酸素の発生につながる。セサモリンの効果で過酸化脂質の生成を抑制する。

ぺパカボチャの種に含まれているリグナンは、これらの効果から腎機能向上に欠かせない成分だと言えますね。ぺパカボチャとリグナンについては、次の文献に詳しく紹介されています。

・ぺパカボチャについて

参考:酪農学園大学酪農学部「燃焼式カロリーメーターによる食物繊維含有食品の物理的燃焼エネルギーの測定」
https://rakuno.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4633&item_no=1&attribute_id=21&file_no=1

・リグナンについて

参考:日本作物学会東北支部「高リグナン含有ごま新品種「ごまぞう」における収穫時期とリグナン含有量の変動」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/tjcs/47/0/47_KJ00002723704/_pdf

冬虫夏草

東洋医学では漢方としてよく利用されている冬虫夏草。中医学においても冬虫夏草の効能のひとつに、「腎を益す」というものがありますが、西洋医学での冬虫夏草の研究結果も見つけましたので、ご紹介しますね。

腎機能を低下させる成分のひとつとして、「乳酸」というものがあります。 体が疲れた時に分泌される成分だと言われていますが、腎臓病の方や腎機能が低下している方は、乳酸をうまく排出することができません。乳酸を排出できないと、腎臓で尿素を作ることができず、結果としてクレアチニン値が上昇します。

冬虫夏草菌糸体エキスには乳酸の上昇を抑える働きがあるとされ、その詳細ははっきりしていないのですが、乳酸の分解を促進するのではないかと考えられています。研究結果の詳細と東洋医学の冬虫夏草効能については、こちらの文献をご覧になってみてください。

参考: 東北大学総合学術博物館「冬虫夏草属菌図説: 東北大学総合学術博物館 矢萩信夫冬虫夏草コレクション解説」
https://tohoku.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=51532&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

参考: 一般社団法人日本体育学会「トレッドミル走行時の心拍間隔スペクトルと冬虫夏草菌糸体エキス粉末摂取の関係」
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jspeconf/55/0/55_280/_pdf

クルクミン

クルクミンはウコンに含まれている成分で、腎臓の細胞を保護する働きがあるとされています。 腎臓病は糖尿病や高血糖から引き起こされることもありますが、特に糖尿病性腎症に対して効果的だそうです。透析治療を受けようとする方の40%は糖尿病性腎症だそうですから、その確率はかなりのもので、高血糖から腎臓病を発症する方は相当数に上ります。

高血糖による腎機能低下では、腎細胞障害がおこるため、一度発症すると徐々に腎機能の低下が進行します。クルクミンは腎臓の細胞を保護する働きによって、腎機能の低下を予防し、クレアチニン値を改善するのです。

さらにクルクミンには抗酸化作用もあるので、腎臓だけではなく、他の臓器を保護してくれる働きも期待できそうです。 これらの結果は、2型糖尿病を発症させたラットに対する実験で分かったことで、詳しい実験内容や結果などは、こちらからご覧いただけます。

参考:新潟医学会「4 糖尿病性臓器障害の基礎的検討 : 糖尿病性心筋症・腎症と小胞体ストレス」
http://dspace.lib.niigata-u.ac.jp/dspace/bitstream/10191/44113/1/129(7)_354-363.pdf

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト