次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

生活習慣

腎臓病に罹患したとき、飲酒や肥満はどのぐらい影響を及ぼしているのでしょうか?

腎臓病のクレアチニン値の改善と、腎臓病予備軍の予防につながる、正しい生活習慣について解説します。

腎臓病のとき気になる飲酒や塩分について

慢性腎臓病を招く生活習慣としては、喫煙、過飲酒、運動不足、不規則な生活などの要因が考えらます。

腎臓病の進行を防ぐためには、まずこういった好ましくない生活習慣を改める必要があります。

喫煙は慢性腎臓病の発症や進行だけでなく、心臓や血管など、さまざまな病気の危険因子に数えられているので、特に注意が必要です。

飲酒については、適度であればリスクはありませんが、日頃からアルコールを過剰に摂取している場合は、慢性腎臓病や腎不全の原因となりえます。

これまでの危険な生活習慣を見直し、腎臓の負担を軽くする新しい生活習慣を身につけるようにしましょう。

1.適度な運動

まず、メタボリック症候群や肥満の疑いがある場合には、適度な運動を行ない、生活習慣病の予防をしましょう。

ごく初期の腎臓病であれば、運動することは健康維持にもつながります。

腎臓病の進度によっては、医師に相談のうえで運動量を決めましょう。

2.食事制限と禁煙節酒

慢性腎臓病では禁煙節酒が基本です。

腎機能の負担となるタンパク質も、進行度によって必要な量だけ摂取するようにします。

制限することに気を取られて、カロリー不足を引き起こさないように、医師や管理栄養士の指導を仰ぎましょう。

3.血圧コントロール

高血圧は腎機能の低下を進行させるので、食事では塩分の過剰摂取は禁物

特にむくみや高血圧の症状が見られるなら、塩分は1日6g未満としましょう。

必要であれば、降圧薬を服用も効果的です。

お医者さんにかかってきちんと治療を続けていても、やはり基本は自分の生活習慣を見直すことが重要です。

クレアチニン値が上昇していたり、体調があまり芳しくなく腎臓病の疑いがもたれる場合には、病院で診察してもらうと同時に、まずは自分自身の生活を管理することからはじめましょう。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト