次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

食事

腎臓病を改善するためクレアニチン値を下げ、その予備軍も予防できる、効果的な食事方法について解説します。

食事療法を続けるためのポイント

腎臓病を改善するための食事療法には、症状をそれ以上進行させないという目的と、体調管理の意味合いがあります。

初期の腎臓病を改善するための基礎知識として覚えておくと便利ですが、食事療法は症状の進行度や個人の体調などによって、その内容が大きく異なるため、具体的な食事メニューや栄養管理は、必ず医師や管理栄養士の指導を仰ぐようにしましょう。

1.タンパク質の摂り過ぎに注意!

タンパク質が体内で代謝される際に出る老廃物は、まず血液中に排出されます。

その血液は腎臓でろ過され、老廃物も尿として排泄されるのですが、このときにタンパク質を摂り過ぎていると余分な老廃物が多くなり、腎臓に負担がかかることになります。

ただし、タンパク質は人の体にとって大切な栄養素のひとつでもありますから、まったく摂らないというのは、かえって体に良くありません。

できれば魚や肉、卵などから、1日に必要な量の半分の良質なタンパク質を摂るようにしましょう。

2.カロリー不足に注意!

カロリーが不足すると、体内では筋肉組織などのタンパク質を分解して、足りないエネルギー量を補おうとします。

結果的に血中の老廃物が多くなり、腎臓の負担が増すため、過度なダイエットや間違ったタンパク質の制限などは逆効果

タンパク質を制限する場合には、1日に必要なカロリー量をきちんと計算したうえで行ないましょう。

  • 標準体重に1日に必要なエネルギー量:(身長:m)×(身長:m)×22×(27~39kcal)

3.塩分の摂り過ぎに注意!

腎機能が低下すると、塩分の排出も充分には行なわれません。

そのため、塩分を摂り過ぎてしまうと血中のナトリウムが濃くなり、血圧が上がってしまいます。

体はむくみ、腎臓に過度な負担をかけることになるので、塩分は控えることが重要。

ただしこの場合、塩分の摂取量の認識などにも個人差があるため、塩分を制限するときには、医師や管理栄養士が指示した塩分摂取量を守りましょう。

4.クレアニチン値を下げる食品やセプリメントを摂取!

クランベリー、ブルーベリー、イチゴなどのベリー類には、抗酸化物質が豊富に含まれており、腎機能をある程度サポートすることがわかっています。

また、シナモンもクレアチニンと尿素を下げると言われており、腎臓に心配のあるときには積極的に摂取したい食品のひとつ。

手軽な方法としては、ノコギリヤシやペポカボチャなど、クレアチニン値を下げる働きのある成分が配合されたサプリメントの活用などがお勧めです。

食事療法は毎日続けることが望ましいので、サプリメントなどで補って、無理せず習慣づけることがコツとなります。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト