次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

オルニチン

シジミに豊富に含まれていることで有名な「オルニチン」には、腎臓の機能を改善し、クレアチニン値を下げる効果があると言われています。

ここでは、オルニチンの働きについて調べています。

腎臓にも肝臓にも必要なオルニチン

オルニチンはもともと人間の体の中に存在している物質で、「遊離アミノ酸」と呼ばれる成分の一種です。

アミノ酸の多くがタンパク質を構成しているなか、オルニチンはそれとは異なり、血中に溶け込んで体内を巡っています。

このオルニチンは、腎臓や肝臓の中で有害物質アンモニアの解毒を行なうなど、人体にとってとても重要な物質。

口から摂取されたオルニチンは腸で吸収され、腎臓や肝臓へと到達するのです。

食べ物ではシジミに飛び抜けて多く含まれています。

シジミの味噌汁などが「二日酔いに良い」と言われたり、「肝臓に良い」と言われるのはこのためなのです。

オルニチンサイクル(尿素回路)を知ろう

腎臓や肝臓へと運ばれてきたオルチニンには、「オルニチンサイクル」(尿素回路)と呼ばれる、アンモニアの解毒を促す作用があります。

アンモニアは生命や脳の活動の妨げになる物質です。

オルニチンには、このアンモニアを取り除くことで、人間のエネルギー代謝や活動をスムーズにする働きがあります。

またオルニチンサイクルにより、有毒なアンモニアを無毒な尿素へと変換することで、腎臓や肝臓に余分な負担をかけることなく、尿として体外へと排出できます。

このオルニチンの量が充分でなかったり、オルニチンサイクルが何らかの理由で満足に働かなかった場合、あるいはアンモニアが大量だったときには、解毒処理が間に合いません。

するとアンモニアの解毒処理には、腎臓のろ過機能や、肝臓による尿素への変換機能が用いられることになり、ふたつの臓器にとても大きな負担がかかります。

なぜなら、このふたつの臓器はとても役目が多く、すごく忙しい器官だからです。

特に腎臓は、アンモニアを解毒しあとに尿素を尿に溶かし、排出するという仕事もあります。

腎臓や肝臓に不安のある人は、健康体であるうちからオルニチンを豊富に摂取し、臓器へ負担をかけないよう心がけましょう。

オルニチンに関するマメ知識

腎臓は血液をろ過した後、体にとって必要な水分や糖質、アミノ酸、そして電解質を再吸収して体内に戻し、最終的に排泄される尿を作ります。 腎臓がきちんと血液をろ過しているか否かを調べる方法の一つに、血液検査があります。 体内に存在していると体に悪影響を及ぼす物質が、どれくらい血液中に残っているかを調べるもので、これには尿素窒素(BUN)とクレアチニンがあります。

ところで、近年、体に良いと言われているオルニチンですが、これはタンパク質を代謝し害の少ない尿素窒素へと変換する段階で使用されるものです。 これは肝臓において行われます。 人の体の細胞内にはミトコンドリアと呼ばれるものがあります。 このミトコンドリア内部では多くの場合、細胞内で物質を変換したり、細胞内外で電解質のやり取りをするポンプの働きに関与するATP(アデノシン三リン酸)を作り出しています。 肝臓内にもミトコンドリアはありますが、肝臓内のミトコンドリアではATP合成と共に、アンモニアを尿素窒素へと変換する行程も行われています。 肝臓内のミトコンドリアには尿素サイクルと呼ばれる過程があり、ここでアンモニアを尿素窒素に変換する際にオルニチンが使われるのです。

サプリメントとして販売されることが最近増えてきたオルニチンですが、一般にあまり知られていないことも多いかと思いますので、いくつかご紹介しましょう。

オルニチンの副作用と注意点とは

どんなサプリメントでも、一日当たりの摂取量の目安が記載されています。 オルニチンも同様ですが、摂取することによる副作用はあるのでしょうか。

実は、オルニチンには、副作用というものがほとんどないようです。 体内で摂取可能な量以上のオルニチンを摂取すると、余剰分は尿と共に排泄され、体内に蓄積するということはありません。

また、消化器系の疾患で手術を受けた患者さんに、オルニチンの投与が良い効果をもたらしたという報告もあり、オルニチンに関しては体に良い作用をもたらすものとして使用されています。

しかし、オルニチンの摂取に注意を要する人も少なからずいるようです。 先天的にオルニチントランスカルバミラーゼが欠損している方では、オルニチンをきちんと代謝、排泄できず、体内でのオルニチン濃度が極端に上昇する「高オルニチン血症」を発症します。 先天的な疾患ですから、その症状は幼少期から時間をかけて進行します。神経系や筋肉に悪影響を及ぼし、筋力の低下を起こしたり、酷い場合には40歳前後で失明するケースもあります。

参考:外科と代謝Vol.50,No.2「オルニチン」
https://www.jstage.jst.go.jp/pub/pdfpreview/jssmn/50/2_50_185.jpg

オルニチンとアルギニンの違い

オルニチンと並んでよく聞く言葉にアルギニンがあります。 両者はともに、先に述べた尿素サイクルに関係しています。

アンモニアを尿素サイクルで代謝する過程でオルニチンは触媒として作用しますが、最終過程で尿素が作られる段階でオルニチンが生成され、これは次の尿素サイクルで利用されます。 一方、アルギニンは尿素サイクルにおいて、尿素とオルニチンが生成される前の段階で作られる物質で、一部はATPを生成するTCA回路に関わると言われています。 また、成長ホルモンの分泌や疲労回復にも効果をもたらすとも言われています。 オルニチンとアルギニンの両者に共通していえることは、疲労回復に効果があるとも言われていることですね。

オルニチンを多く含む食べ物

オルニチンは、アミノ酸の一種です。 アミノ酸はタンパク質を代謝することによって生成される物質ですので、肉類や魚介類に多く含まれます。 特に、シジミに含まれるオルニチン量は、他の食品に比べて断トツで多くなっています。 疲れているときや二日酔いの時にシジミが良いと言われるのは、これが理由です。 その他、身近な食品としては、チーズやマグロなどが挙げられます。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト