次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

オルニチン

シジミに豊富に含まれていることで有名な「オルニチン」には、腎臓の機能を改善し、クレアチニン値を下げる効果があると言われています。

ここでは、オルニチンの働きについて調べています。

腎臓にも肝臓にも必要なオルニチン

オルニチンはもともと人間の体の中に存在している物質で、「遊離アミノ酸」と呼ばれる成分の一種です。

アミノ酸の多くがタンパク質を構成しているなか、オルニチンはそれとは異なり、血中に溶け込んで体内を巡っています。

このオルニチンは、腎臓や肝臓の中で有害物質アンモニアの解毒を行なうなど、人体にとってとても重要な物質。

口から摂取されたオルニチンは腸で吸収され、腎臓や肝臓へと到達するのです。

食べ物ではシジミに飛び抜けて多く含まれています。

シジミの味噌汁などが「二日酔いに良い」と言われたり、「肝臓に良い」と言われるのはこのためなのです。

オルニチンサイクル(尿素回路)を知ろう

腎臓や肝臓へと運ばれてきたオルチニンには、「オルニチンサイクル」(尿素回路)と呼ばれる、アンモニアの解毒を促す作用があります。

アンモニアは生命や脳の活動の妨げになる物質です。

オルニチンには、このアンモニアを取り除くことで、人間のエネルギー代謝や活動をスムーズにする働きがあります。

またオルニチンサイクルにより、有毒なアンモニアを無毒な尿素へと変換することで、腎臓や肝臓に余分な負担をかけることなく、尿として体外へと排出できます。

このオルニチンの量が充分でなかったり、オルニチンサイクルが何らかの理由で満足に働かなかった場合、あるいはアンモニアが大量だったときには、解毒処理が間に合いません。

するとアンモニアの解毒処理には、腎臓のろ過機能や、肝臓による尿素への変換機能が用いられることになり、ふたつの臓器にとても大きな負担がかかります。

なぜなら、このふたつの臓器はとても役目が多く、すごく忙しい器官だからです。

特に腎臓は、アンモニアを解毒しあとに尿素を尿に溶かし、排出するという仕事もあります。

腎臓や肝臓に不安のある人は、健康体であるうちからオルニチンを豊富に摂取し、臓器へ負担をかけないよう心がけましょう。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト