次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

水素

クレアチニン値を下げて腎臓機能を改善させるには、水素を含む水素水も有効だと言われています。

ここでは水素水について調べています。

老廃物を素早く排出して腎臓をサポート

特殊な加工により水素分子を多く含ませた飲料水のことを「水素水」と呼びます。

なお、水素原子や活性水素の溶けた「活性水素水」とは異なるものなので、そこはお間違えのないように。

さて、水素水には味や臭いはなく、無色透明なので、ほとんどの場合は目視で普通の水と見分けることはできません。

飲んだ場合に体感できることは、通常よりも多い頻度で排尿するということ。

つまり、1回ごとに排出する老廃物や毒素の量が少なくて済むと言われています。

このように、水素水を飲む目的は腎臓の負担の軽減です。

老廃物や毒素の量が多い尿を長時間溜めておいては腎臓に負担がかかるため、尿を薄めて、できるだけ早く体外に排出させようというデトックス的な考え方です。

水素水の他の効果は?

ほかにも、普通の水を飲むよりも水素の多い水を飲んだほうが、体内の酸化ストレスを軽減できるとも言われていますが、これは水素水が抗酸化力を持つため。

人の体内では、さまざまなストレスによって、活性酸素が発生しています。

活性酸素は物質と結びつく力が非常に強く、細胞などを一気に劣化させたり老化を進めたりと、言うなれば物をサビついた状態にしてしまいます。

水素水に含まれる水素には、この活性酸素がほかの物質と結びつく前に一早く自ら酸化することで、細胞の劣化や老化を防ぐ作用があります。

ただ、「水素水のことはわかったけれど、水をたくさん飲んだらむくむのでは?」と思われる方もいるかもしれませんね。

健康な腎臓であれば、水を少し飲み過ぎたからと言ってむくむことはありませんが、心配な場合はカプセル状の水素サプリメントなどを使用してみてはいかがでしょう。

また、水素水はペットボトルのようなプラスチック製の容器に入れても、水素が通り抜けてしまうことがあるので、保存するときにはガラスの容器に保管することをおすすめします。

水素水は腎臓にどのように働きかける?

今話題の水素水は、私たちの身体にどのような働きがあるのでしょうか?今回は腎臓と水素水の関係についてまとめました。

腎臓の働き

腎臓は背骨の両側、腰の高さの辺りに左右に1個ずつある臓器です。それほど大きな臓器ではありませんが、「腎臓機能が悪ければ、他の臓器にも影響を及ぼす」と言われるほど、重要な役割を持っています。主に血液を濾過して、老廃物や塩分を尿として体の外へ追い出す働きをしています。また、体に必要なものは再吸収し、体内にためる働きもあります。腎臓の働きが悪くなると尿が出なくなってしまうので、結果的に老廃物などが体に蓄積し「尿毒症」になります。

糸球体でろ過された尿(原尿とよびます)は、健康な方では1日におよそ150リットルにもなります。実際の尿は1.5リットル程度ですから、99%は再吸収されることになります。この再吸収する働きをするのが、尿細管です。糸球体でろ過された原尿には、老廃物以外に、アミノ酸やブドウ糖などの栄養素や、塩分(ナトリウム)やカリウム、リン、マグネシウムなど、さまざまなイオン(電解質)も含まれています。このような体にとって必要な成分を再吸収することにより、体内の水分量を一定に保ったり、イオンのバランスを調整したり、体を弱アルカリ性の状態に保ったりしているのです。

出典:『腎臓の構造と働き』日本腎臓学会
https://www.jsn.or.jp/global/general/_3227.php

水素水とは?

普通の水に比べて水素がたくさん含まれている水のことです。水素水を飲むことで、体内で活性水素が生成され、活性酸素を除去する働きがあります。

水素水

慢性移植腎症でも水素水の抑制効果が報告されている。腎臓を同種移植したラットでは蛋白尿の増加とクレアチニンクリアランスの低下が進行し予後不良となるが、水素水の摂取は炎症と酸化ストレスを抑制して腎機能を改善し、生存率が上昇した。また、慢性腎臓病モデルラットに水素水を飲ませ、片腎の虚血再灌流による心腎連関障害への影響が調べられている。この系では水素水飲用により、糸球体癒着等の腎病変の抑制と同時に心筋線維化などの心臓での病変も抑制されていた。

出典:『水素分子の生理作用と水素水による疾患防御』大澤 郁朗
https://www.jpn-geriat-soc.or.jp/publications/other/pdf/perspective_geriatrics_49_680.pdf

このことから、水素水を摂取することで、炎症や酸化ストレスを抑制して腎機能を改善する働きがあることがわかります。 腎臓はとてもダメージを受けやすい臓器で、尿管閉塞や横紋筋融解症、重度の火傷や造影剤などによって腎障害が起こることがあります。実験では、それらを人為的に誘発したラットに水素水を一定期間摂取させたところ、急性腎障害の抑制や、腎障害スコアの低下、酸化ストレスレベルの低下がみられ、腎障害が軽減されることがわかったのです。

酸化ストレス

「酸化ストレス」と言う言葉を初めて聞く人も多いのではないでしょうか?酸化ストレスというのは、「活性酸素によって細胞が障害されること」を指します。正常な細胞は、抗酸化酵素の働きによって活性酸素は無毒化されます。しかし、活性酸素の量が増えすぎてしまうと、細胞内の自浄作用で対処しきれなくなるので、活性酸素が細胞を破壊し始めてしまうのです。

活性酸素は老化や多くの生活習慣病にかかわっているとされる。生体内で発生した活性酸素との関連が示唆されている疾病は、動脈硬化、心筋梗塞、がんのほかにも、パーキンソン病、アルツハイマー病、多発性硬化症、白内障、気管支喘息、潰瘍性大腸炎、糖尿病、自己免疫疾患など枚挙にいとまがない。

出典:『活性酸素と抗酸化物質の化学』中村 成夫
https://www.jstage.jst.go.jp/article/manms/9/3/9_164/_pdf

活性酸素はさまざまな病気の原因になり得ます。水素水には活性酸素を除去する働きがあるので、日常的に水素水を摂って健康的な生活を心がけている人も多くいます。気になる人は、どんなタイプの水素水があるのかチェックしてみてはいかがでしょうか。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト