次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » 【まずは知る!】クレアチニンのすべて » クレアチニンとは?

クレアチニンとは?

クレアチニンとはどんな成分か、何が原因で生じるものなのか、みなさんご存じですか?

まずは基礎知識を詳しく解説しましょう。 

クレアチニンの正体は腎臓から出る老廃物

クレアチニンとは人間の体から出る老廃物の一種です。

今、注目されている成分が老廃物だということに、驚かれる方もいるかもしれませんね。

では実際に、どのようにしてクレアチニンが生成されるのかを、簡単に説明しましょう。

まずクレアチニンとは、アミノ酸の一種であるクレアチンが代謝した結果、生まれる物質です。

大もとであるクレアチンは、アルギニン、グリシン、メチオニンというアミノ酸からなり、肝臓と腎臓、脾臓で合成されます。

これは、筋肉を動かすときに必要なエネルギー源です。

体内のクレアチンのほとんどは骨格筋内に存在し、そのうちの6割はリン酸化したクレアチニンリン酸として存在しています。

では、クレアチンの体内量はどのくらいでしょうか。

たとえば、体重が70kgの人物の場合、120~140gほどだそうですが、1日で約2gのクレアチンが代謝しクレアチニンとなって、尿に含まれて排出されます。

この過程に、クレアチニンが単なる老廃物というだけではない、とても重要な役目を背負っている理由が隠されているのです。

そのポイントは、このクレアチニンが尿として体外へと排出される際に、必ず腎臓を通過することにあります。

クレアチニンは腎臓の糸球体で濾過されるのですが、腎臓が正常に働いていれば、ほとんどは再吸収されずに尿中へ排出されます。

しかし、腎機能に問題が生じている場合、ろ過しきれずに血液中に再吸収されてしまいます。

つまり、血液検査でクレアチニンの濃度を計測すれば、その人の腎臓のろ過能力を知ることができるというわけです。

もしも何らかの要因で腎機能に障害が発生している場合は、腎臓の働きである老廃物や毒素をろ過する働きが乱れ、血液検査の際にクレアチニンが基準を外れた数値を弾き出します。 

クレアチニン値の乱れと基準の男女差

血液検査で測定すると、クレアチニン基準値には男女差があり、一般的に女性よりも男性のほうが高い数値を示します。

男性だとは0.6~1.1mg/dl、女性だと0.4~0.7mg/dlが基準(2012年4月時)です。

血中クレアチニンの基準値
範囲
(mg/dl)
とても高い
(要注意)
高い
(注意)
基準値 低い
(注意)
男性 1.6以上 1.2~1.5 0.6~1.1 0.6以下
女性 1.2以上 0.9~1.1 0.4~0.8 0.4以下

血液検査を受ける数値に差が生じるのは、男女の筋肉量に違いがあるため。

一般的に男性のほうが女性に比べて筋肉が多く、結果的に排出されるクレアチニンも多いのです。

同様に、子どもよりも大人のほうが数値は高くなります。

もしも、血液中のクレアチニンがこの基準値を外れていた場合には、さまざまな疾患の可能性が考えられます。

第一に挙げられるのが腎機能の低下

腎機能に不安があるとう方は、まず血液検査でクレアチニンの数値を計測してはいかがでしょう。

出てきた数値で、症状の軽重の度合いも知ることができます。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト