次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

数値の示す意味

クレアチニン値は、高い状態でも低い状態でも、体に不調が現われます。

クレアチニン値が正常値から外れることにはどんな意味があるのか、詳しくまとめてみました。

クレアチニン値は高すぎても低すぎてもNG

腎臓が正常な働きをせず、クレアチニンの排出がスムーズにいかないとクレアチニン値が高くなり、腎臓病、急性腎不全、慢性腎不全などの病気を引き起こしてしまうケースがあります。

その一方で、クレアチニンが低すぎると、今度は「筋ジストロフィー」などの筋肉性疾患の可能性が現われます。

このように、高すぎても低すぎても問題となるのが「クレアチニン値」なのです。

血液検査や尿検査などで、クレアチニンの量をこまめに測定することが、腎機能や筋肉の異常などの早期発見につながります。

また、検査結果でクレアチニン値に少しでも異常のあった場合には、その状態を甘く見ないことも大切です。

糖尿病と同様、早め早めにしっかりとした対策を行なうことで、腎機能の低下を防ぐことができます。

クレアチニン値が意味すること

血液検査を行なった際、血中のクレアチニン値を計測することにより、現在の腎機能の状態を知ることができます。

日本人間ドック学会のクレアチニン値判定基準
経過観察 男性 1.2~1.3mg/dl
女性 0.9~1.0mg/dl
中程度の腎不全 1.5mg/dl
重度の腎不全 2.4mg/dl以上
回復困難 5mg/dl
人工透析 10mg/dl
診断ポイント
1.腎機能50%以下
腎臓に疾患があると、その腎機能の低下と合わせて働きが50%以下になったところで、血液中のクレアチニン値は上昇していきます。
ただし、この段階ではまだ食事のタンパク質の量を制限すれば、クレアチニン値の上昇を抑えることも可能。
タンパク質を制限する理由は、その性質にあります。
身体をつくる三大栄養素、すなわち「糖質」「脂質」「たんぱく質」のうち、タンパク質だけが老廃物を排出してしまい、それをろ過する役目を背負うのが腎臓だからです。
したがって、摂り過ぎると腎臓に負荷がかかるため、摂取制限する必要が生じます。
2.腎機能20%以下
さらに腎機能が低下して、正常値の20%以下に落ち込むと、腎不全に進行します。
こうなると食事制限をしても、クレアチニン濃度は正常値には戻りません。
3.腎機能5%以下
尿毒症を発症し、腎透析が必要な状態です。
 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト