次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » 【まずは知る!】クレアチニンのすべて » クレアチニン値を正常に戻す方法

クレアチニン値を正常に戻す方法

数値が高いと病気のリスクが増し、危険なクレアチニン値を下げる方法はあるのでしょうか。ここでは、日常生活のなかでできる改善方法を解説します。

食生活や運動で正常に戻るクレアチニン値

一般的にクレアチニン値は、基準より「低い異常」よりも「高い異常」を示す場合が多く見られます。

そのため、ここでは高くなったクレアチニン値を下げる方法を調べてみました。 

食生活の改善

クレアチニン値を下げるためには、まずふだんの食生活を見直すことが大切です。

特にタンパク質の摂取は控えましょう

なぜタンパク質の制限をしなければならないのか、それには理由があります。

クレアチニンはもともと、筋肉が運動する際のエネルギー源となるアミノ酸の一種「クレアチン」が代謝されて発生した物質です。

タンパク質もこのアミノ酸で構成されていますが、タンパク質の多い食べ物を摂り過ぎると、腎臓に負担をかけることがわかっています。

クレアチニン値が上がる理由は、腎臓のろ過機能が追いつかないためですから、負荷をかけるタンパク質を控えることで、腎臓をいたわることができるというわけです。

具体的な食事の種類を例に挙げると、ご飯やパン、うどんやパスタといった主食には、多くのタンパク質が含まれています。

ふだんの食事で、これらを摂りすぎないよう努めましょう。 

適度な運動

高血圧や糖尿病、肥満などは腎臓の負担となります。

こういった症状には適度な運動が有効なので、積極的に取り入れることをおすすめします。

ただし症状によっては、運動してはいけない場合があります。

腎臓病もある段階を超えると、運動することが逆効果にもなりますので、自分で判断せずに、医師と相談するようにしてください。

禁煙&禁酒

喫煙や飲酒も腎臓の負担となってしまいます。

クレアチニン値が高いときには、摂取を控えるようにしましょう。

サプリメントを活用

クレアチニンを下げる作用のある成分が配合されているサプリメントなど、良いものがあれば積極的に活かしましょう。

サプリメントなら併用が可能ですので、食事療法や運動療法の効果も高まります。

クレアチニン値を正常に戻すにはいろいろな手段がありますが、著しく腎機能が損なわれてしまっては、これらの方法はもはや通用しません。

食事や運動、サプリメントなどが効果を発揮するごく軽度なうちに、腎機能の低下を早期発見、治療することが大切です。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト