次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » 【まずは知る!】クレアチニンのすべて » 【病気のリスク】クレアチニンが低い場合

【病気のリスク】クレアチニンが低い場合

クレアチニン値は低ければ安全安心というわけではありません。クレアチニン値が低い場合にはこんな病気のリスクがあることも知っておいてください。

クレアチニンが低い場合に考えられる筋肉の病気

クレアチニン値は基準より高くても低くても、何らかの疾患の可能性が考えられます。

これは、クレアチニンが筋肉運動の代謝で出る老廃物であることから、血中のクレアチニン値が高い場合には腎臓のろ過機能の低下が、逆にクレアチニンの数値が低いと筋肉のほうで正常な代謝が行なわれていないことが疑われるためです。

妊婦や初期の糖尿病、長く寝たきりの方の中にもクレアチニン値の低いケースも見られますが、一般的にはクレアチニンの数値が低いと、筋肉に関する疾患を発症するリスクが高まってしまいます。

クレアチニン値が低い場合に発症のリスクが考えられる疾患は、次のとおりです。

筋ジストロフィー

筋ジストロフィーとは、筋肉が萎縮し、少しずつ機能が損なわれていく疾患の総称です。

原因はまだ医学的にも解明されていませんが、遺伝性のある病気で、病気の進行にも個人差のあることがわかっています。

ベッカー型、デュシェンヌ型、筋緊張型、顔面肩甲上腕型など、いくつかの種類があります。

筋委縮性側索硬化症

別名「ALS(Amyotrophic Lateral Sclerosis)」とも呼ばれています。

脳や末梢神経から出される命令を筋肉へと伝える運動ニューロン(運動神経細胞)が、何らかの要因によって働かなくなる疾患で、難病のひとつに数えられています。

筋肉を動かす信号が伝わらなくなってしまうことから、手足を動かしにくくなったり、筋肉がやせ細っていったりといった症状が見られます。

多発性筋炎

筋肉に炎症が起こる病気です。

脱力感や疲労感があり、体に力が入らなくなって、動こうとすると筋肉に痛みを感じます。

筋肉だけでなく皮膚にも症状が現われる場合は、「皮膚筋炎」と呼ばれ、消化器官、関節、心臓などに障害が現われることもある危険な病気です。

このように、クレアチニンは数値が低いからといって安心できるものではありません。

健康診断でクレアチニン値に異常が認められた場合は甘受せず、医師の診断を受けるよう対処をしましょう。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト