次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » 【まずは知る!】クレアチニンのすべて » 【病気のリスク】クレアチニンが高い場合

【病気のリスク】クレアチニンが高い場合

自覚症状が少ないと言われている腎臓病など、クレアチニン値が高い場合に発症する病気を解説します。

甘く見ると後悔する!腎機能の低下による病気

クレアチニン値が高い場合、特に正常値よりも2mg/dl以上高くなると、腎機能が急激に落ち込み、腎臓に関する病気を患ってしまうことがあります。

すでに何らかの疾患を患っている可能性もあるので、数値の高い方は注意が必要です。

クレアチニン値が高い場合に考えられる疾患には、次のようなものがあります。

急性腎炎/慢性腎炎

成人が患う腎臓病の中で、一番多いのがこの病気で、「急性腎炎」と「慢性腎炎」があります。

現われる症状としては、むくみ、血尿、タンパク尿などが特徴です。

急性腎炎のほうが軽症で、なんらかの細菌やウイルスに感染したあとに発症する場合が多いといわれています。

投薬や食事療法が必要なこともありますが、たいていの場合、安静にしていれば回復します。

しかし慢性腎炎では、長い時間にわたり糸球体に炎症が起きつづけ、少しずつ腎機能が低下していきます。

さらに、慢性腎炎のやっかいなとこころは、急性腎炎に比べて、いったん罹患すると治りにくいこと。

クレアチニンが10mg/dl以上の数値に上昇したときには、人工透析が必要となります。

急性腎不全/慢性腎不全

腎炎などにかかり、腎臓で血液をろ過している「糸球体」の網の目が詰まると、腎機能が低下して老廃物を充分に排出できなくなります。

腎不全とはこのような状態で、腎臓の働きが正常時の30%以下にまで低下したときのことを指します。

腎不全にも急性と慢性があり、急性の場合には、適切な治療を受けていれば回復の見込みが望めます。

しかし、徐々に機能が衰えていく慢性腎不全の場合、一度陥ってしまうと、腎機能は完全には回復できないと言われています。

また、かなりの長期間に腎機能が失われていくため、腎臓にどの程度障害が現われるかは、そのひとによって異なり、したがって治療方法も異なります。

尿毒症

尿毒症とは腎機能の低下によって起こる障害のことで、腎不全の末期とも言える状態です。

腎臓には老廃物の排出以外にも、水分の調整やホルモンの分泌といった役目がありますが、尿毒症になると、こういった腎機能のすべてが阻害されてしまいます。

腎臓の病気が見過ごされがちなのは、体の中に多少の支障があったり、検査で数値の異常が出たりしたとしても、自覚症状が少ないためです。

しかし、罹ってしまうと完治させることが難しい疾患でもありますから、定期健診をしっかりと受けて、医師の指示に従いましょう。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト