次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » 【まずは知る!】クレアチニンのすべて » クレアチニンクリアランスとは?

クレアチニンクリアランスとは?

より正確な数値で腎臓機能を調べられる検査、「クレアチニン・クリアランス」とは何か、その検査方法と計算式を調査しました。

早期発見が可能なクレアチニン・クリアランス

「クレアチニン・クリアランス(Creatinine clearance=Ccr)」とは、血液中のクレアチニンと尿中のクレアチニンを測定し、計算式から腎臓の機能(糸球体ろ過値)を調べる検査のことです。

糸球体ろ過値(GFR)を調べる検査にはほかにも、「イヌリン」を計測する「イヌリン・クレアランス(Cin)」がありますが、こちらは腎機能の低下がおおよそ3分の2以下にまで落ち込まないと、はっきりとした数値が出ないこともあり、早期発見を見落とす可能性が指摘されています。

イヌリン・クリアランスの計測が難しいため、現在ではもっと簡単にGRFを推定できる「推算糸球体濾過量(eGFR)」が使われることもあります。

一方のクレアチニンクリアランスは食生活や腎臓以外の要因からの影響も受けにくく、血液と尿の中、両方のクレアチニン量から計算されるため、男女差や年齢差による変動がないのが特徴。

腎機能の状態をより正確に知ることができる数値として評価されています。

クレアチニンクリアランスの検査と計算方法

クレアチニンクリアランスの検査方法はそれぞれの医療機関によって異なり、「短時間法」「24時間法」のいずれかが採用されています。

「短時間法」は1~2時間という検査時間となりますが、「24時間法」と同様に血清中のクレアチニンの数値を安定させる必要があるため、数日前から1日の食事のタンパク質量を40~50gに決めなければなりません。

短時間法
採血や採尿を1回ずつ行なう「1回法」と、2回ずつ行なう「2回法」に分かれています。
水を飲んで1時間後に排尿し採取。その30分後にも採尿と採血をします。
正確な数値を計測するためには尿を出し切ることが大切で、このときの尿量と血液の検査でクレアチニンクリアランスが計算されます。
24時間法
24時間法では、検査の日の最初の排尿を全部破棄します。
以後の尿は蓄えておき、24時間が経ったあとにすべての尿からクレアチニン量を測定。
採血は最後の採尿後、翌朝の空腹時に採血を行なって血液中のクレアチニン値も計ります。
クレアチニンクリアランスの計算式と判定の基準
計算式 Ccr(ml/min)=U×V/S×1.73/A 判定の基準(腎臓障害の程度)
U:尿中のクレアチニン濃度(mg/dl)
V:1分間の尿量(ml/min)
S:血液中のクレアチニン濃度(mg/dl)
A:体表面積(m2)
1.73:日本人の平均体表面積(m2)
軽度 51~70ml/min
中等度 31~50ml/min
高度 30ml/min以下
 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト