次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » クレアチニンと腎臓の関係 » 【番外その2】前立腺肥大

【番外その2】前立腺肥大

男性の場合、前立腺肥大によって腎機能に影響が出る場合があります。その症状について解説します。

加齢によって男性のほとんどに見られる症状

前立腺肥大症は文字が表わしているとおり、前立腺が肥大することによって、おもに排尿時に困難をきたす病気です。

男性ホルモンや環境の変化などが関わっていると考えられていますが、その原因はいまだはっきりと判明してはいません。

ただし、遺伝や食生活、肥満症と高血圧/高血糖/高脂質などがリスクを高めたり、加齢と共に発症率が上がったりすることはわかっています。

「5-リダクターゼ」という酵素が要因のひとつという説もあるようです。

また、50歳からの発症が顕著です。

早ければ30代からすでに発症する人もいて、50代で3割、60代で6割、70代で8割、80代では実に9割の男性に症状が認められます。

もっとも、前立腺肥大は特に治療を必要としないケースも多く、症状がなければ、4分の3の人は通常と同じ生活が送れます。

残念ながら、残り4分の1の人には次のような症状が現われるので、当てはまる場合には医療機関の受診をおすすめします。

排尿症状

尿が出にくく、排尿が困難になります。

おもに下記のような症状が現われます。

  • 尿に勢いがない。
  • 出はじめるまでに時間がかかる。
  • 尿意はあるのに出ない。
  • 尿が分かれて出てくる。
  • 途中で尿が途切れる。
  • 尿をするために力まなければいけない。

蓄尿症状

前立腺肥大症では大半の場合、「頻尿」と呼ばれる、いわゆる「トイレが近い」状態が認められます。

排尿の回数が、日中は8回よりも多い場合、また夜は就寝してから1回以上トイレに行く場合は、頻尿と考えられます。

また、「尿意切迫感」という症状が出て、急に我慢できない強い尿意に襲われることもあります。

このような「尿意切迫感」があり、トイレに行くまで排尿を我慢できずに尿が漏れてしまうことを「切迫性尿失禁」と呼びます。

「尿意切迫感」があって、しかも頻尿の症状が見られるものを「過活動膀胱」と言い、前立腺肥大症の患者の5割から7割に、この過活動膀胱が発症します。

過活動膀胱は、膀胱にまだ充分尿が溜まっていないのに、勝手に膀胱の収縮が始まり、すぐに排尿したくなる頻尿の状態です。

排尿後症状

前立腺肥大症では、排尿したのに何だかすっきりとしない、残尿感があるのも特徴です。

排尿し終わったと思って下着をつけたら、尿が漏れて下着が汚れてしまう、「排尿後尿滴下」が見られることもあります。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト