次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » クレアチニンと腎臓の関係 » 腎臓検査の種類

腎臓検査の種類

クレアチニンを検出するだけでなく、腎臓病の可能性を確かめるさまざまな検査方法を紹介します。

腎臓検査はおもにふたつ「血液検査」と「尿検査」

腎機能の異常を正確に確認できるクレアチニン・クレアランス以外にも、腎臓病の有無を検査できる方法はいくつかあります。

大きく分けると、「血液検査」「尿検査」のふたつになります。

このふたつの検査方法をそれぞれご説明しましょう。

血液検査

クレアチニン(CR)

クレアチニンは筋肉の活動時において、アミノ酸の一種「クレアチン」がエネルギーを放出する際に発生する代謝物です。

健康であれば、不必要な血液中のクレアチニンは腎臓でろ過され、体に再吸収されることなく、尿として排出されます。

しかし腎機能が低下していると、ろ過する能力も低下して、クレアチニンがどんどん血液中に蓄積、血液中のクレアチニン値が高まっていきます。

これを数値として表わすのがクレアチニンの検査です

クレアチニン・クリアランス(CRR)

こちらはクレアチニン値を計算式にかけることで、さらに正確に、腎機能の低下が検査できる方法です。

というのも、ただ血液からクレアチニン値がわかっても、男女差や個人の筋肉量(筋肉の多いひとほどクレアチニンが生成される)に左右され、比較するのが難しいからです。

腎機能の低下を正確に知る必要がある際には、このクレアチニン・クリアランスが用いられます。

イヌリン・クリアランス(GFR)

GFRは「Glomerular Filtration Rate」(糸球体ろ過量)の略称です。

これは腎臓がどれぐらいの老廃物をろ過できるのかを示す値で、CRR同様に計算式によって導き出されます。

そのため、広義ではクレアチニン・クリアランスもGFRに入りますが、これまではGFRといえば、こちらのイヌリン・クリアランスのことを指していました。

名称のとおり、イヌリンを計測して腎機能の低下を検査する方法です。

イヌリン・クリアランスの計算式などが難しいこともあるため、現在ではもっと簡単にGRFを推定できる「eGFR」が使われることもあります。

尿素窒素(BUN)

尿素窒素はその名のとおり、血液の尿素に含まれる窒素成分です。

タンパク質の代謝による老廃物で、通常はクレアチニンと同じように腎臓でろ過され、尿として排泄されます。

こちらも腎臓の機能を損なうとろ過されずに血液にとどまって、尿素窒素の値が高くなります。

尿検査

尿たんぱく定性検査/尿潜血定性検査

尿の中に、タンパク質や赤血球が含まれているかどうかを調べるもので、検査が簡単なことから、健康診断のいわゆる「検尿」で行なわれています。

異常があると尿タンパクや潜血はプラスを示し、異常がない場合にはマイナス表記されます。

尿沈査(にょうちんさ)

採取した尿を遠心分離器にかけ、沈殿したものを顕微鏡で調べる検査方法です。

沈殿物に含まれる赤血球や白血球から、腎臓病の種類を特定することができます。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト