次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » クレアチニンと腎臓の関係 » 【基礎知識】腎臓が機能しなくなると…

【基礎知識】腎臓が機能しなくなると…

クレアチニン値の異常により腎機能低下をおこすと、どんなリスクがあるのでしょうか。腎臓病の症状で気を付けたい点や、人工透析の種類などを調べてみました。

人工透析が必要になる前に防ぎたい腎臓病

クレアチニン値が高くなって腎機能低下の状態になると、老廃物や毒素の排出がスムーズにいかなくなり、体中にさまざまな悪影響が出てきてしまいます。

怖いのは、いったん失われてしまった腎臓の機能は大半の場合、回復の見込みがなく、慢性腎不全に陥ってしまうことです。

急性のケースには一部例外が見られますが、放置しておけば徐々に腎臓機能が低下し、さらに顕著になると体内の老廃物や毒素によって尿毒症の症状が現われます。

腎臓の機能が損なわれると、こうした老廃物や毒素は人工的に取り除かなくてはなりません。

そうなると、みなさんも耳にされたことあるだろう「人工透析」が必要になります。

この人工透析は、腎臓の働きが10%以下になり、血液のろ過を充分に行なえなくなった場合、人工的に血液の浄化する療法です。

人工透析にはおもに次の2種類の方法があります。

血液透析

血液透析器(ダイアライザー)でまず血液を体内から採取し、血中の老廃物や毒素、余分な水分を取り除いた状態で、浄化した血液を体内に戻す方法です。

この療法には、血液を体外に出すために腕の静脈と動脈をつなぐ外科手術が必要となります。

血液透析は1回4~5時間という長い治療時間を、週2~3回の頻度で行なわなくてはなりません。

腹膜透析

腹膜透析は腹部に透析液を入れて、体の中で血液を浄化する療法です。

腹膜とは内臓の表面や腹壁の内面を覆う膜を指し、そこに生じる空間を腹腔といいます。

この腹腔内に透析液を一定時間いれ、腹膜を介して老廃物などの血液中の不要な物質を透析液に移行させ、その透析液を体外へ排出させることで血液を浄化する仕組みです。

こちらにもカテーテルを腹部に埋め込む外科手術が必要となります。

腎臓病は、古くは「不治の病」とも呼ばれていた時代がありました。

近年では、医療技術の進歩と共に透析の研究開発もかなり進んできており、治療できる範囲も広くなってきています。

しかし、治療は決して体にとって楽なものではありませんので、腎臓病を防ぐこと、今の状態より悪化させないことを第一に考えるようにしましょう。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト