次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » クレアチニンと腎臓の関係 » 【基礎知識】腎臓の機能

【基礎知識】腎臓の機能

クレアチニンの数値が関係している臓器、腎臓について、どのような働きをしているのかを解説します。 

尿を作るだけじゃない!知られていない腎臓の働き

みなさんは、腎臓がどこにあるのか、体の上からさわって位置を示すことはできますか?

腎臓は腰の少し上に左右ひとつずつある臓器で、空豆のような形をしています。

大きさはちょうど握り拳程度で、重さは片方150gぐらい。

重要な臓器なので、腎臓の表面は皮膜と脂肪で守られています。

腎臓の働きで有名なのは、余分な水分や老廃物を排泄するための尿を作る臓器であるということ。

しかし、あまり知られていませんが、実は腎臓にはほかにもさまざまな役割を担っています。

以下に、腎臓の持つおもな5つの働きをご紹介しましょう。

1.血液を浄化して老廃物を排出

腎臓の役割のうち、もっとも重要なこと。

それは、全身の血液から老廃物や毒素をろ過し、浄化するという機能です。

こうした老廃物や毒素は腎臓から送り出され、私たちが毎日のように排泄する尿となります。

腎臓が1日でろ過する血液の量は、なんと150L(ドラム缶1本分)というのだから驚きますよね!

このろ過機能が低下してしまうと体中に老廃物や毒素が溜まり、人工透析が必要となってしまうことを考えれば、腎臓が人間にとっていかに重要な臓器なのかがよくわかるでしょう。

2.水分量や電解質(イオン)の調節

電解質はイオンとも呼ばれ、水に溶けると電気を通す性質のある物質のこと。

ナトリウムイオン(Na+)、カリウムイオン(K+)、マグネシウムイオン(Mg2+)、カルシウムイオン(Ca2+)などがあり、どれも体にとって必要不可欠な成分です。

しかし、水分もそうですが、この電解質は多すぎても少なすぎても、体には良くありません。

腎臓はこのように、水分と電解質の量を調整し、体に最適なバランスを維持しています。

3.血圧の調節

腎臓からは「レニン」という酵素が分泌されています。

このレニンは血中のタンパク質と反応することで、強力な血管収縮作用のある成分「アンジオテンシンII」に変化します。

なお、アンジオテンシンIIには血圧を上げる特性があります。

4.造血ホルモンのエリスロポエチンを分泌

腎臓から分泌されるエリスロポエチンには、骨髄に赤血球を作るよう働きかける性質があります。

5.骨の生成をサポート

腎臓には、ビタミンDを活性型ビタミンD3に変える作用があります。

ビタミンD3はカルシウムの吸収を助ける力を持っており、骨の生成を促します。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト