次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » クレアチニンと腎臓の関係 » 【番外その1】末端肥大症/巨人症

【番外その1】末端肥大症/巨人症

末端肥大症や巨人症とはいったいどんな病気なのか、その特徴と、子どもと大人での症状の現われ方の違いを紹介します。

多くはなくても寿命にリスクのある病気

数多く見られる疾患ではありませんが、クレアチニン値が高いと末端肥大症や巨人症の疑いが持たれます。

人体の成長を促進させる成長ホルモンが多量に分泌されると、発育期では身長が異常に高くなる巨人症に、成長が止まった大人がかかると末端肥大症を発症します。

この末端肥大症や巨人症の原因は、脳下垂体に生じる腫瘍(下垂体腺腫)によるものがほとんど。

ここから過度な成長ホルモンが分泌されて、病気が発生します。

末端肥大症

末端肥大症を発症すると関節が肥大化し、軟部組織も増大して、特徴的な様相となります。

具体的には、眼窩上部やアゴが突出し、口や鼻も大きくなります。

手足も肥大するため、靴や指輪のサイズが合わなくなることもあるようです。

末端肥大症に注意が必要なのは、ただ体の一部が大きくなるというだけではなく、心血管障害を起こしやすいこと。

一般的に、寿命が10年ほど縮むと言われています。

また、末端肥大症は世間に広く知れ渡っている病気ではないことや、症状がゆっくり進むために、本人や周りが気づきにくいことも問題となっています。

外見の変容など、思い当たることがあった場合には、きちんと検査を受けてみましょう。

検査の結果、クレアチニン値が低ければ、その可能性が高まります。

巨人症

子どもの身長が急速に伸び、男子では185cm以上、女子では175cm以上になると、巨人症を一度疑う必要があります。

症状としては、頭痛や視力障害、女子であれば無月経などが現われます。

骨の発育が止まった思春期以降の発症では、手足が大きくなって、特有の顔や体型へと変化します。

末端肥大症や巨人症の早期発見にはクレアチニン値検査が有効ですが、意外なところで、写真が役に立つことがあります。

本人や身近な人たちが変化に気づかなくても、昔の写真にうつっている自分の、骨格や手足の比率が大きく変わっているようであれば、とりあえず医療機関を受診しましょう。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト