次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト

クレアチニン値改善に朗報!数値を正常に保つための成分&お助けサプリ情報

クレアチニン対策で評判のサプリメントTOP5ぜひご覧ください イチオシのサプリメントを詳しく知りたい方はこちらから

サイトマップ

HOME » クレアチニンと腎臓の関係

クレアチニンと腎臓の関係

クレアチニン値に影響を与える腎臓病の基礎知識と種類、その解説、検査方法にいたるまで、徹底的にリサーチしてみました。

これを読めばよくわかる!腎臓病のすべて

腎臓のろ過機能に問題は起こっていないか、筋肉の代謝は損なわれていないか――。

私たちが健康的な生活を送るために、クレアチニンはさまざまな腎臓の赤信号を教えてくれます。

健康診断でわかるクレアチニンの数値には正常な範囲があって、高すぎても低すぎても、何かしらの病気が疑われます。

ことに、数値が高くなると腎臓疾患可能性がありますので要注意です。

クレアチニン値が高くなる病気として代表的なものは、尿毒症、腎臓結石、糸球体腎炎(急性/慢性)、腎不全(急性/慢性)、末端肥大症と巨人症、前立腺肥大など。

どれも腎機能が低下してクレアチニン値が高くなることは同じなのですが、その原因や症状は病気ごとに異なります。

また、腎臓とその機能が損なわれた場合の症状としては、各病気で共通している部分も見られます。

クレアチニン値が高く、ここで紹介している病気のいずれかの症状と自分が当てはまるのであれば、医療機関を受診することはもちろん大切ですが、予防対策としてクレアチニン値を下げるサポート力のあるサプリメントを飲むのも有効です。

腎臓病の中には、何も対処しないでいるとどんどん悪化してしまう疾患もあるので、大丈夫だろうと過信しないことが肝要

さらに、腎臓検査の種類についても紹介していますので、参考になさってください。

 
次の検査で数値改善!クレアチニンがよくわかるサイト